5
太田裕美、最近は懐メロにしかでないな。
すっかりお母さんですが、あいかわらずかわいらしく歌いますね。

なにしろ30年近く前からのファンです。
(ビックリ)


当時の、太田裕美の人気は、すごいものがありました。
舌足らずの歌い声は健在です。

太田裕美白書
太田裕美白書
PARCO出版
price : ¥2,000
release : 2000/09

なんて(・∀・)コケティッシュ!!

カバーのこの写真だけでも買った価値あり。
いつまでも私のあこがれです。
(会社のロッカーに大事に大事に保管されています)

彼女の生の声に触れた気がして、中学生のころを思いだします。

今も現役ですね、失敬 ('・д・`) ヤダ




Feelin’Summer
Feelin’Summer
ソニーミュージックエンタテインメント
price : ¥1,529
release : 1998/06/20

夏に捧げる。

 太田裕美は私が高校の頃、ちょっと気になる存在でした。でも夢中になるほどでもないし、曲もまあそこそこといった程度でした。そんな中『「木綿のハンカチーフ」ブーム』(?)も去って、一般には彼女がちょっと忘れられかけた頃の初夏に出会ったのがこのアルバムでした。
 当時私は大学生でしたが、人生上の大スランプ期で、講議にもめったに出ず夕方起きて明け方に眠りにつく悪パターンにはまってしまっていました。そんな自己嫌悪の日々をフワーと救ってくれたのが、友人Yから借りたこのLPでした。夏の解放感・けだるさが、まどろむような詞と彼女のボーカルとで綴られていて、太田裕美のアルバムの1枚というより、私にとっては宝物のような特別な存在です。「掌の夏」「サマータイム・キラー」そして「午後のプレリュード」など、まさに日常のゴタゴタから逃れて、避暑地で夏の日射しをのんびり楽しんでいるムード。彼女独特の舌足らずな感じも、ここではよりいい味わいになっています。夢見心地です。


DREAM PRICE 1000 太田裕美 木綿のハンカチーフ
DREAM PRICE 1000 太田裕美 木綿のハンカチーフ
Sony Music Direct
price : ¥1,050
release : 2001/10/11

コストパーフォーマンスはどうかな?

太田裕美の熱心なファンでした。
ちょっと舌足らずな声だが、音程の確かさは折り紙付き。当時のアイドルの中では、歌唱力は岩崎宏美と張り合っていた。
このベスト集は手頃なのだが、曲数があまりに少ない。
「2000 ベスト」が全16曲だから、半額の1000円なら8曲は欲しい。
あと2曲追加するなら「しあわせ未満」と「失恋魔術師」というところか。

他のアーティストでも同じだが、1000円のベスト集より2000円以上のベスト集の方が、コストパーフォーマンスはよい。


始まりは“まごころ”だった。
始まりは“まごころ”だった。
Sony Music Direct
price : ¥3,000
release : 2006/11/22

ジャケ写真のイメージ通り

ジャケ写のソフト・フォーカス加減が
アルバム全体をよく象徴しています。
ジャケ写のイメージ通りの一枚だと思います。

ほんわかした感じで、聴いていたら、
居眠りしてしまうような。。。(良くも悪くも)(笑)

新しさはないです。
ただ、このジャケ写から期待されるモノは、
ちゃんと入っています。


続・雨と仲良くなる19の方法
続・雨と仲良くなる19の方法
Sony Music Direct
price : ¥2,494
release : 2005/05/25

懐かしい・・・2

昨年「雨と仲良くなる19の方法」を購入しました。昨年の購入理由は単純に井上陽水の(傘がない)が入っていたから。でも聞いてみたらどの曲も懐かしくてよかったです。
で、最近はいろんな季節のオムニバスが出てるんですね。どれがいいかなと迷っていたら、メルマガで『続・雨と仲良くなる19の方法』発売!
とのこと。弾みで買っちゃいました。個人的に好きな曲は「Bachlor Girl」「銀の雨」「残り火」「どうぞこのまま」です。歌謡曲ぽい「雨だれ」「花しぐれ」もいいし、自分が知らない曲が入ってたのも新鮮でした。




DREAM PRICE 1500 愛と青春のニューミュージック・ベスト’70s
DREAM PRICE 1500 愛と青春のニューミュージック・ベスト’70s
Sony Music Direct
price : ¥1,496
release : 2002/10/09